ロゴマーク   Logo
Font_size Large Default Small
permission
Menu-button Mail Sitemap Company Data Recruit Market Home






   WORDS 取引用語


     ※ ご覧になりたい語句の行、または語句の先頭の文字をクリックして下さい。


  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【か】 ・ 【き】 ・ 【く】 ・ 【け】 ・ 【こ】
【か】

<買いあおり(かいあおり)>

 価格を上昇させるためにその市場に出ている売り注文以上の買い注文を出すこと。逆を「売り浴びせ(うりあびせ)」と言う。

<買い安心(かいあんしん)>

 価格の上昇が続き反転する見込みのないときに、買っていれば利益になるという安心感のこと。逆を「売り安心(うりあんしん)」と言う。

<買い急ぎ(かいいそぎ)>

 価格の上昇を見越して、急いで買い注文を出すこと。逆を「売り急ぎ(うりいそぎ)」と言う。

<買い一巡(かいいちじゅん)>

 価格が大きく上昇し続けているとき、投資家がそろって買い注文を出した後、買い注文が一通り出そろい、注文が少なくなった状態。逆を「売り一巡(うりいちじゅん)」と言う。

<会員(かいいん)>

 会員組織である取引所の構成メンバーのこと。会員には一般投資家から売買の注文を取り次ぐことが出来る商品取引員(ブローカー)と自社の売買のみに限られる一般会員(ディーラー)がある。また、外国の当業者や海外で一般投資家から売買の注文を取り次ぐ業務を行っている会社に「準会員(じゅんかいいん)」の資格を与えている取引所もある。

<買い方(かいかた)>

 将来の価格の上昇を見込んで買い注文を出している人、業者のこと。「買い手(かいて)」、「買い屋(かいや)」とも言う。逆は「売り方(うりかた)」と言う。

<買い越し(かいこし)>

 取引の内訳で売りの未決済と買いの未決済を差し引きしたとき、買いの未決済が多いこと。逆の状態を「売り越し(うりこし)」と言う。

<買い下がり(かいさがり)>

 一度買い注文を出した後、価格が下落したため、改めて買い注文を出すこと。これにより買った価格の平均値を下げ、利益の増大を見込む。逆を「売り上がり(うりあがり)」と言う。

<買い占め(かいしめ)>

 大量の買い注文を出し、意図的に価格を上げようとすること。豊富な資金を持つ「仕手筋(してすじ)」などが使う売買手法。逆に大量の売り注文を出す手法を「売り崩し(うりくずし)」と言う。

<買いたい弱気(かいたいよわき)>

 今後は上がるという見通しなのに、いざ買おうとするともう少し下がればと思ってしまうこと。往々にして、価格が上昇傾向にあって、買いたい場面でも、一度下がるだろう、もう少し安くなったときに買おうなどと思っていると、なかなかその水準まで価格が下がってこないことが多い。逆が「売りたい強気」。

<買いつき(かいつき)>

 価格が上昇傾向にある状態で盛んに買うこと。逆を「売り込み(うりこみ)」と言う。

<買いつなぎ(かいつなぎ)>

 現物商品の売り契約をした人が、その商品の値上がりによる損失を防ぐため、先物を買うこと。先物取引の果たす重要な機能の一つ。ヘッジングとも言う。逆を「売りつなぎ(うりつなぎ)」と言う。

<買い手市場(かいてしじょう)>

 売り手より買い手が有利な状態。供給が需要を上回っているときに起こりやすい。逆を「売り手市場(うりてしじょう)」と言う。

<買い長(かいなが)>

 未決済の売り契約と未決済の買い契約を差し引きしたとき、買い契約の方が多い会員が多数を占める状態。取引所日報(にっぽう)等で売り店を上に記し、買い店を下に書いたことから「下長(したなが)」とも言う。また、逆を「売り長(うりなが)」、「上長(うわなが)」と言う。

<買いにくい相場は高い、買いやすい相場は安い(かいにくいそうばはたかい、かいやすいそうばはやすい)>

 買おうと思っていたものが高くなってしまい、躊躇しているとさらに価格が上昇する。逆に価格が下落し、買いやすくなったところで買うと今度は下落するようなことがよくあるという意味の格言。

<買い乗せ(かいのせ)>

 買い契約の後、価格が上昇し、さらに上昇が見込めるとき、利益の拡大を図るため買い注文を増やすこと。逆を「売り乗せ(うりのせ)」と言う。

<買い拾い(かいひろい)>

 積極的な買いではなく、安い場面があれば少しずつ買うこと。

<買い物が買い物を呼ぶ(かいものがかいものをよぶ)>

 価格が上昇し始めると買い注文が増え、価格がさらに上昇するような状態。

<顔合わせ(かおあわせ)>

 以前に付けた値段と同じになること。

<影(かげ)>

 1日の値動きをローソク足の4つの値段(始値、高値、安値、終値)で構成される罫線(ケイ線)で表したとき、高値・安値を示す線のことを言う。高値を示すものを「上影(うわかげ)」、安値を示すものを「下影(したかげ)」と言う。また「影(かげ)」のことを「ひげ」とも呼ぶ。

<傘・笠(かさ)>

 価格の一番高いところ。予想される価格の一番高いところを「上傘(うわがさ)」と言う。

<堅い(かたい)>

 価格が下がる気配もなく、上昇すること。「堅調(けんちょう)」とも言う。逆の状態を「軟弱(なんじゃく)」、「軟調(なんちょう)」と言う。

<片建(かただて)>

 売りだけ、または買いだけの契約のこと。または、売り買い両方の取引を行っている時に一方を残すこと。または、売り買いを差し引きしてどちらか一方になっている契約(玉)のこと。[=片建玉(かただてぎょく)]

<通い相場(かよいそうば)>

 ある一定の範囲内で値段が上下すること。「往来相場(おうらいそうば)」とも言う。

<ガラ>

 価格の大暴落のこと。「瓦落」と書く。

<からみ>

 値段を表現するときに使う。例えば、「1,000円がらみ」と言えば、1,000円を中心にその上下の値段を含めた価格のことを言う。別の言い方では「1,000円前後」、「1,000円内外」、「1,000円見当」なども同じ意味。

<閑散に売りなし(かんさんにうりなし)>

 市場に人気がなくなり取引量が少なくなると、価格が下落傾向になることが多い。このように価格が思うように上昇しないからといって、すぐに売り注文を出してはいけない、という戒めの格言。

<看板(かんばん)>

 商品取引会社が受託業務(非会員などを顧客とする売買取次ぎ業務)を行うにあたり主務省から許可を受けて交付された金色の看板のこと。

<換物人気(かんぶつにんき)>

 世界の政治経済情勢の不安定、インフレ懸念などが高まると手持ちの資金を「価値のあまり変わらない」とされている「金」などのモノに換えておこうとする動きが増えてくること。一般的には、先物市場に資金が流入し、全般的な価格が上昇することが多い。特に金市場が活況になることから「金」はインフレ指標として注目される。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【か】 ・ 【き】 ・ 【く】 ・ 【け】 ・ 【こ】
【き】

<期先(きさき)>

 受渡期日(=限月)が一番後に到来するもののこと。逆を「期近(きぢか)」という。

<基準線(きじゅんせん)>

 チャート分析に用いる一目均衡表(いちもくきんこうひょう)を構成する要素。過去26日間の高値と安値の平均線を指す。

<期近(きぢか)>

 受渡期日(=限月)が一番早く到来するもののこと。逆を「期先(きさき)」という。

<基本数値(きほんすうち)>

 チャート分析に用いる一目均衡表(いちもくきんこうひょう)を構成する要素。価格変動の重要な変化日を推定するために用いられる。9、17、26など。

<逆三尊型(ぎゃくさんぞんがた)>

 チャート上で、一定期間下降した価格が底入れする時によく見受けられる形(パターン)。「ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム」とも言う。逆を「三尊型(さんぞんがた)」と言う。

<逆行現象(ぎゃっこうげんしょう)>

 チャート分析の際に、価格と他の指数やテクニカル指標の動きが逆の動きとなることを指す。もっともよく利用されるのが、価格とオシレーター系指標の動き。

<ギャップ>

 チャート上の空白部分のこと。前日の終値に比べてかけ離れた値段で取引が始まり、前日の値段と接することなくその日の取引が終了したときチャート上に空白の部分ができる。この空白部分を「空(くう)」、「穴(あな)」、「窓(まど)」などと呼ぶ。

<極線(きょくせん)>

 チャート分析の際に、始値、高値、安値、終値の4本の値段で表されるローソク足の形で、始値と終値が近い価格で、高値と安値の幅もあまりないことを示したもの。ローソクの実体、ヒゲ(影)の部分ともに短く、休養や気迷いを表す「コマ」の別名。

<曲線トレンド(きょくせんとれんど)>

 チャート分析の際に現れる形で、上昇・下降にかかわらず、直線的ではなく曲線を描くトレンドのこと。

<切り込み線(きりこみせん)>

 1日の始値より終値が安く終了(陰線引け)した翌日に、安く始まった後、前日の始値から終値の幅の中間の値段まで高くなって終了した時のローソク足のパターン。別名「切り返し線(きりかえしせん)」と呼ぶ。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【か】 ・ 【き】 ・ 【く】 ・ 【け】 ・ 【こ】
【く】

<空(くう)>

 チャート上の空白部分のこと。前日の終値に比べてかけ離れた値段で取引が始まり、前日の値段と接することなくその日の取引が終了したときチャート上にできる空白の部分のこと。「穴(あな)」、「窓(まど)」、「ギャップ」とも言う。

<雲(くも)>

 チャート分析に用いる一目均衡表(いちもくきんこうひょう)の2本の先行スパンの間の価格帯のこと。

<グランビルの法則(ぐらんびるのほうそく)>

 米国のチャート分析家J・E・グランビルが考案した、価格と移動平均線の位置関係に着目した売買方法。

<黒三兵(くろさんぺい)>

 チャート分析に用いる「酒田五法(さかたごほう)」でいうローソク足の陰線が3本続いたパターン。暴落線。逆のパターンを「赤三兵(あかさんぺい)」、または「三兵行進(さんぺいこうしん)」と言う。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【か】 ・ 【き】 ・ 【く】 ・ 【け】 ・ 【こ】
【け】

<Kライン(%K)>

 チャート分析の際に用いられる「ストキャスティクス」というオシレーター系指標を構成する要素の一つ。「ストキャスティクス」とは、買われ過ぎや売られ過ぎを読みとり、さらに%K(Kライン)、%D(Dライン)という2本の線の相関から売買の方法を導き出す方法。

<毛抜き底(けぬきぞこ)>

 チャート上の安値圏で見られた場合、底を形成するパターンのひとつ。一定期間、価格の下落が続いた後、当日の安値が前日の安値と並びながら、これを割り込まなかった形のこと。逆を「毛抜き天井(けぬきてんじょう)」と言う。

<毛抜き天井(けぬきてんじょう)>

 チャート上の高値圏で見られた場合、天井を形成するパターンのひとつ。一定期間、価格の上昇が続いた後、当日の高値が前日の高値と並びながら、これを上抜かなかった形のこと。逆を「毛抜き底(けぬきぞこ)」と言う。

<気配(けはい)>

 市場人気や値段、売買の量的なものの様子。市場で、売り注文より買い注文が多ければ「買い気配(かいけはい)」、その逆は「売り気配(うりけはい)」と言う。

<現受け(げんうけ)>

 現物を受け取ること。先物取引の買い契約を決済する際、現金を支払って実際の商品を受け取って決済すること。「現引き(げんひき)」とも言う。

<限月(げんげつ)>

 先物取引における売買契約を最終的に決済する期限の月のこと。買いから始めたときは「転売(てんばい)」、または現物の受け取り、売りから始めたときは「買戻し(かいもどし)」、または現物の受渡しを行わなければならない最終期限の月。限月の期間や、数などは商品によって異なる。

<賢者は聞き、愚者は語る(けんじゃはきき、ぐしゃはかたる)>

 取引で成功する人は自らの手口を明かさず、人の意見を聞いてそれを生かそうとするが、あまり利益の出ていない人にかぎって、成功したときのことを話したがり、他人の意見を聞こうとしないと言う意味の格言。

<堅調(けんちょう)>

 価格が高い状態。または、価格が下がらずに上昇が続きそうな状態のこと。「[相場が]堅い(かたい)」とも言う。逆を「軟調(なんちょう)」、「軟弱(なんじゃく)」と言う。

<現引き(げんひき)>

 現物を受け取ること。先物取引で買い契約を決済する際、現金を支払って実際の商品を受け取って決済すること。「現受け(げんうけ)」とも言う。また、反対に売り契約を決済する際、現物を渡して決済をすることを「現渡し(げんわたし)」と言う。

<権利行使価格(けんりこうしかかく)>

 オプション取引で買い手側が権利を行使して、オプション市場から先物などの原市場に乗り換えるときの先物の売買契約価格のこと。「転換社債」でいうところの「転換価格」に相当し、上場されているオプション取引の場合、取引所によりあらかじめ決められている。

<現渡し(げんわたし)>

 現物を引き渡すこと。先物取引の売り契約を決済する際、取引所の指定する倉庫が発行する証券[倉荷証券(くらにしょうけん)]を提供し、代金を受け取って決済すること。逆を「現受け(げんうけ)」、「現引き(げんひき)」と言う。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【か】 ・ 【き】 ・ 【く】 ・ 【け】 ・ 【こ】
【こ】

<小甘い(こあまい)>

 価格の水準が少し安い状態。「甘い(あまい)」とも言う。また、逆を「小確り(こじっかり)」と言う。

<小動き(こうごき)>

 価格が狭い幅で上下するだけの状態。

<好材料(こうざいりょう)>

 価格を上昇させる要因のこと。要因には@その商品の需要・供給を左右するものA市場での売買数量や未決済契約の数量などの内部要因B政治・経済といった外部要因、などがある。同じ意味で「強材料」、「買い材料」とも言う。逆を「悪材料」、「弱材料」、「売り材料」と言う。

<コール・オプション>

 ある商品(資産)を一定期間(満期日)内に一定価格(権利行使価格)で「買う権利」を売買する取引のこと。同じくオプション取引で、逆に「売る権利」を売買する取引を「プット・オプション」と言う。

<ゴールデン・クロス>

 移動平均線を用いたチャート分析の際に、短期の移動平均線が中長期の移動平均線を下から上に突き抜けること。買い(値段上昇)のシグナルとされる。逆を「デッド・クロス」と言う。

<小確り(こじっかり)>

 価格の水準が少し高い状態。「確り(しっかり)」とも言う。また、逆を「小甘い(こあまい)」と言う。

<後場(ごば)>

 取引所で行われる午後の取引(立会)

<コマ>

 チャート分析の際に、始値、高値、安値、終値の4本の値段で表されるローソク足の形で、始値と終値が近い価格で、高値と安値の幅もあまりないことを示したもの。ローソクの実体、ヒゲ(影)の部分ともに短く、休養や気迷いを表す「極線(きょくせん)」の別名。




return

ballサイトポリシー  ballプライバシーポリシー  ball勧誘方針  ball関連リンク集  ballお問合せ先