ロゴマーク   Logo
Font_size Large Default Small
permission
Menu-button Mail Sitemap Company Data Recruit Market Home






   WORDS 取引用語


     ※ ご覧になりたい語句の行、または語句の先頭の文字をクリックして下さい。


  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【な】 ・ 【に】 ・ 【ぬ】 ・ 【ね】 ・ 【の】
【な】

<内部要因(ないぶよういん)>

 価格に影響を与える要因のうち、売り方と買い方の力関係といった、取引自体に関わる要因。

<泣きを入れる(なきをいれる)>

 見込みが外れて、自分の売買契約(建玉)を維持できなくなったとき、売買の相手方に対して解約(解け合い)を申し出ること。

<投げ(なげ)>

 買い契約が成立した後に価格が下落したため、買い方が損を覚悟のうえで、契約(買い玉)を決済するために売り注文を出すこと。

<投げが投げを呼ぶ(なげがなげをよぶ)>

 買い方から損失覚悟の決済注文(売り注文)が相次いで出た結果、値が下がりそれにより別の買い方もこらえきれずに売り急ぐこと。

<ナダレ>

 価格が急に暴落することで、雪崩(なだれ)にたとえた言い回し。

<夏枯れ相場(なつがれそうば)>

 夏季、特にお盆休み前後に市場の人気が薄くなり、値動きも不活発になること。

<成行(なりゆき)>

 成行注文のこと。売買注文の種類のひとつで、値段を特定せず、その場の値段で買う、もしくは売るという成り行き任せの注文。

<軟弱(なんじゃく)>

 市場で売り方が優勢で、値段が下落しそうな状況、気配のこと。

<軟調(なんちょう)>

 価格が安い状態。または、価格が上がらずに下落が続きそうな状態。逆を「堅調(けんちょう)」と言う。

<難平(なんぴん)>

 価格が見込みとは逆の方向に行った場合の対処法のひとつ。例えば、買い契約をした後に価格が下落した場合、さらに買い契約をして平均の買い値を下げる方法。難平の語源は困難を平均化すると言う意味から。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【な】 ・ 【に】 ・ 【ぬ】 ・ 【ね】 ・ 【の】
【に】

<荷圧迫(にあっぱく)>

 品物(現物)が豊富にあるため値段が上がりにくいこと。供給過剰の状態。

<日商協(にっしょうきょう)>

 社団法人日本商品取引員協会の略称。商品取引員を会員とする自主規制団体。主な機能は、委託者(投資家)保護、外務員の資格試験の実施、先物取引に関する苦情の相談など。

<日報(にっぽう)>

 商品取引所が発行する「取引所日報(とりひきじょにっぽう)」のこと。日々の値段(相場)、売買取引高(出来高)、会員ごとの売買の内訳などが記載されている。

<二点底(にてんぞこ)>

 チャート上の形で、「ダブル・ボトム」の別名。「二重底(にじゅうぞこ)」ともいう。

<二点天井(にてんてんじょう)>

 チャート上の形で、「ダブル・トップ」の別名。「二重天井(にじゅうてんじょう)」ともいう。

<二番底(にばんぞこ)>

 価格が大きく下降した後、一転して上昇し、再び下降して安い値段を付けること。

<二番天井(にばんてんじょう)>

 価格が大きく上昇した後、一転して下降し、再び上昇して高い値段を付けること。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【な】 ・ 【に】 ・ 【ぬ】 ・ 【ね】 ・ 【の】
【ぬ】

<抜き取り検査(ぬきとりけんさ)>

 先物の売り契約を現物を渡して決済するとき、取引所が定めた品質規定を満たす必要がある。取引所は売り方が用意した荷の見本を採取し、検査する。これを「抜き取り検査(ぬきとりけんさ)」と言う。

<抜け幅(ぬけはば)>

 売買の際には手数料や税金(消費税)がかかるが、これを上回る利益を上げるために必要な値動きの幅のこと。





  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【な】 ・ 【に】 ・ 【ぬ】 ・ 【ね】 ・ 【の】
【ね】

<値洗い(ねあらい)>

 取引所が毎日発表する清算の基準となる値段(帳入れ値段)に基づいて、当初買ったとき、または売ったときの値段と現在の値段を比較し、利益が出ているか損失となっているか帳簿上の評価を行うこと。

<値動きサイコロジカル・ライン(ねうごきさいころじかる・らいん)>

 チャート分析に用いるテクニカル指標のひとつ。市場の心理を測ることに主眼をおいている。

<値頃(ねごろ)>

 頃合いの良い値段。買う、もしくは売るのに頃合いが良く、抵抗感がないような値段。

<値幅制限(ねはばせいげん)>

 取引所は行き過ぎた暴騰・暴落が起こることを防ぐため、1日の値動きの幅を制限している。この措置を値幅制限といい、値段の動ける範囲を「制限値幅(せいげんねはば)」と言う。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【な】 ・ 【に】 ・ 【ぬ】 ・ 【ね】 ・ 【の】
【の】

<納会(のうかい)>

 売買契約の決済期限となる最終取引日を「納会日(のうかいび)」、またその日の最終の取引を納会と言う。

<ノミナル>

 「気配値(けはいね)」のこと。

<野も山も皆一面に弱気なら、阿呆になりて米を買うべし(のもやまもみないちめんによわきなら、あほうになりてこめをかうべし)>

 これから価格が下がるという見通しが大半の人の考えを占めているときこそ、何も考えずに逆に買うべきだと言う意味の格言。大衆は常に間違っているという意味。

<乗り換え(のりかえ)>

 既存の買い契約(建玉)を決済し、新たに別の限月を買うこと、あるいは既存の売り契約を決済し、新たに別の限月を売ること。「スイッチ」とも言う。




return

ballサイトポリシー  ballプライバシーポリシー  ball勧誘方針  ball関連リンク集  ballお問合せ先