ロゴマーク   Logo
Font_size Large Default Small
permission
Menu-button Mail Sitemap Company Data Recruit Market Home






   WORDS 取引用語


     ※ ご覧になりたい語句の行、または語句の先頭の文字をクリックして下さい。


  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【は】 ・ 【ひ】 ・ 【ふ】 ・ 【へ】 ・ 【ほ】
【は】

<場(ば)>

 取引所で売買が行われているところ(立会場)のこと。

<バーチャート>

 時系列チャートの一種。1日の動きを高値・安値・終値の3本値で表したもの。欧米では最も一般的。

<売買高(ばいばいだか)>

 取引所における売りと買いの数量の合計。

<売買報告書(ばいばいほうこくしょ)>

 商品取引会社が、取引所の非会員や一般投資家などの顧客から依頼されて売買取引を成立させたとき、その取引内容の詳細(銘柄、限月、売り・買いの区別、値段、数量など)を記載して顧客に交付する書面。

<旗売り(はたうり)>

 引き渡すための品物を用意していないのに先物市場で売ること。「空売り(からうり)」とも言う。

<場立ち(ばだち)>

 取引所の立会場(競り売買が行われるところ)に商品取引会社や会員から派遣されて、売買取引を行う人のことで、正式には「市場代表者(しじょうだいひょうしゃ)」、「立会代表者(たちあいだいひょうしゃ)」と言う。また「手振り(てぶり)」とも言われる。

<場帳(ばちょう)>

 市場で取引された売買の記録(値段、数量、売り方・買い方の会員・取引員名など)を記載する取引所の帳簿。一般投資家が日々の値動きを記録している帳簿・メモのこと。

<初押し買うべし(はつおしかうべし)>

 価格が低迷した後に上昇を始めた時の最初の下落は絶好の買い場面という格言。逆に、価格が頂点(天井)に達した後に下落を始めたときの最初の反転上昇は絶好の売り場面となることが多いとされる。

<発会(はっかい)>

 新しく取引される限月の最初の取引。

<白金系貴金属(はっきんけいききんぞく)>

 プラチナ系貴金属とも言い、プラチナ(白金)と同系列の貴金属のこと。プラチナ、パラジウム、ロジウム、オスミウム、イリジウムの6種類で、総じてPGM(Platinum Group Metals)とも言う。

<場面(ばづら)>

 市場における取引の状況のこと。また、取引所の会員・商品取引会社が保有する未決済売買契約の差し引きのことを指すこともある。これは、各会員・商品取引会社が売り・買いのいずれに力を注いでいるかを示すものとされる。

<場電(ばでん)>

 取引所の立会場と会員・商品取引会社を結ぶ直通電話のこと。立会場での売買のもようをつぶさに伝え、これを聞いて会員・商品取引会社は状況をつかみ、売買の注文を立会場にいる市場代表者(場立ち)に伝える。

<端(はな)>

 売り注文の数量と買い注文の数量の差、端数のこと。売りが買いよりも少ないときは「売り端(ハナ)」、逆を「買い端(ハナ)」と言う。場に不足しているすべての売り、もしくは買い注文を出すことを「ハナを取る」と言う。

<早受渡し(はやうけわたし)>

 受渡期日の前に受渡しを行うこと。

<早耳の早倒れ(はやみみのはやだおれ)>

 情報を人より早く手にしたと思っていても、価格には既に反映されて(織り込まれて)いたり、また、その情報に振り回されてしまうことが多いという意味の格言。

<パラボリック>

 チャート分析に用いるトレンド系テクニカル指標のひとつ。RSI(相対力指数)同様W.ワイルダー氏の考案。SARという数値を算出し、これに基づいてトレンドを追う手法。

<はらみ線(はらみせん)>

 ローソク足のチャートを見たときに、当日の値幅が前日の値幅の範囲内にとどまった足型。

<波乱含み(はらんぶくみ)>

 平穏な値動きの様相を呈しているが、いまにも大きく動きそうな気配を秘めていること。

<反対売買(はんたいばいばい)>

 買っていたものを売り(転売し)、あるいは売っていた場合は買うこと(買戻し)によって、従来の取引契約を決済すること。

<反騰(はんとう)>

 価格が下落した後、大幅な上昇に転ずること。

<反動高(はんどうだか)>

 価格があまりにも下落し過ぎたため、その反動で上昇すること。

<反動安(はんどうやす)>

 価格があまりにも上昇し過ぎたため、その反動で下落すること。

<半値押し・戻し(はんねおし・もどし)>

 価格が上昇(下落)したのち、上昇(下落)した値幅の半分ほど下落(上昇)すること。上昇(下落)過程での一時的な下げ(上げ)幅の目安のひとつ。他の目安としては、「3分の1押し(戻し)」、「3分の2押し(戻し)」などもある。

<反発(はんぱつ)>

 価格が下落した後、上昇に転ずること。

<反落(はんらく)>

 価格が上昇した後、下落に転ずること。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【は】 ・ 【ひ】 ・ 【ふ】 ・ 【へ】 ・ 【ほ】
【ひ】

<日足(ひあし)>

 日々の値動きを罫線で示したもの。日本では通常、1日の始値、高値、安値、終値の4つの値段(4本値)を用いたローソク足で表す。

<引かされる(ひかされる)>

 買い契約が成立後に値下がりし、あるいは売り契約した後値上がりし損勘定となること。

<火がつく(ひがつく)>

 人気が乏しく価格も低迷している状態から、何らかの要因で人気が高まり、価格が急騰すること。

<日柄(ひがら)>

 価格の上昇、下落の経過日数のこと。通常は「天井」から「底」に達するのに要した日数を言う。

<日柄整理(ひがらせいり)>

 価格が大きく動き、買いたい人は買い、売りたい人は売ってしまった状態から新たな展開となるには、ある程度の日数をかけて買い方、売り方ともに決済が進むことが必要となる。その決済が進む過程のことを言う。

<引き締まる(ひきしまる)>

 下落傾向が続いた後や小幅の値動きで推移していた後、価格が少し上昇すること。

<引け(ひけ)>

 取引所における午前、または午後の最終の売買取引のこと。または、最終の取引で決まった値段(引け値=終値)を指す。なお、1日の最終の売買取引を「大引け(おおびけ)」と言う。

<ひげ>

 1日の値動きをローソク足で表したとき、高値・安値を示す線のこと。

<非時系列チャート(ひじけいれつちゃーと)>

 チャート分析に用いる時間の概念を含まないチャートのこと。

<日計り商い(ひばかりあきない)>

 売買契約の決済をその日のうちに行ってしまう取引のこと。

<冷やす(ひやす)>

 市場の人気が過熱して、異常事態となった場合に取引所が規制をかけて鎮静化を図ること。また、買いの人気が高まっているとき、まとまった売り注文を出して、意図的に値段を下げようとすること。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【は】 ・ 【ひ】 ・ 【ふ】 ・ 【へ】 ・ 【ほ】
【ふ】

<ファンダメンタルズ>

 各商品の価格形成を左右する要因のひとつで、本質的、根本的な要素となるもの。一般的には需要と供給の関係を直接左右する物事のことで、「基礎的諸要因(きそてきしょよういん)」とも言う。

<フィボナッチ級数(ふぃぼなっちきゅうすう)>

 チャート分析に用いる数学的解法。エリオット波動理論の根幹として有名。その級数や、級数の比率に基づいて、日柄から基調転換点を捉えたり、波動の長さを推定する分析法とされ「黄金比率(おうごんひりつ)」とも呼ばれている。

<フォー・ナイン>

 貴金属の純度を示すもので、99.99%の場合は9の数字が4つ並ぶため、こう呼ばれる。「スリー・ナイン」は純度99.9%を示す。

<深押し(ふかおし)>

 価格の下落が予想以上に大きいこと。

<噴き上げ・吹き上げ(ふきあげ)>

 価格が突然、大きく上がること。火山の噴火に例えた表現。

<ブッシェル>

 米国で慣習的に使われている穀物の重量単位。ウィンチェスター・ブッシェルとも言い、「Bu」と表示する。

<プット・オプション>

 ある商品(資産)を一定期間(満期日)内に一定価格(権利行使価格)で「売る権利」を売買する取引のこと。同じくオプション取引で、逆に「買う権利」を売買する取引を「コール・オプション」と言う。

<踏み(ふみ)>

 売り契約が成立した後に価格が上昇したため、売り方が損を覚悟のうえで、契約(売り玉)を決済するために買い注文を出すこと。「煎れ(いれ)」とも言う。

<ブル・ベア指数(ぶる・べあしすう)>

 日本の商品取引会社や商品先物情報誌の専門家に対して相場見通しのアンケートを行い、その結果を指数化したもの。集計はゼネックス。

<分離保管制度(ぶんりほかんせいど)>

 商品取引会社の顧客(委託者)の財産の保全を目的として設けられた制度のひとつ。正式には「受託財産分離保管制度(じゅたくざいんさんぶんりほかんせいど)」と言う。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【は】 ・ 【ひ】 ・ 【ふ】 ・ 【へ】 ・ 【ほ】
【へ】

<平穏(へいおん)>

 価格変動があまり大きくなく、穏やかなこと。

<ベーシス>

 現物価格と先物価格の差のこと。現物を先物取引の決済に用いるまでの保管コストや金利などが反映されている。

<ベーシス取引(べーしすとりひき)>

 売り方と買い方が現物の売買契約を行うとき、商品取引所の先物価格を利用して値決めをする方法。

<ヘッジング>

 先物取引が持つ保険機能のこと。現物価格と先物価格の連動性を利用して、現物の保有者や現物の買い付けを予定している者などが先物取引を使って現物取引で発生しうる損失をカバーしようとする行為。

<ヘッド・アンド・ショルダーズ>

 チャート分析に用いるローソク足のパターンのひとつで価格の高いところ(天井圏)と、低いところ(底値圏)で現れる典型的なパターン。日本では、チャートの形が「三尊仏」に似ていることから「三尊型(さんぞんがた)」(天井圏)、または「逆三尊型(ぎゃくさんぞんがた)」(底値圏)とも呼ばれている。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【は】 ・ 【ひ】 ・ 【ふ】 ・ 【へ】 ・ 【ほ】
【ほ】

<棒上げ(ぼうあげ)>

 価格が一本調子に、大きく上昇すること。逆に一本調子に、大きく下落することを「棒下げ(ぼうさげ)」と言う。

<豊作に売りなし(ほうさくにうりなし)>

 豊作になると供給過剰で価格が下がりそうに思えるが、価格が下がると需要が増え、豊作のときは収穫前にすでに相当値下がりしているため、逆に反転上昇することが多いという意味の格言。その逆は「凶作に買いなし(きょうさくにかいなし)」。

<防戦売り・防戦買い(ぼうせんうり・ぼうせんがい)>

 売り方が価格上昇を食い止めるために積極的に売ることを「防戦売り」、逆に買い方が価格下落を食い止めるために積極的に買うことを「防戦買い」と言う。

<ほぐれる>

 ある商品に対する投機人気が盛り上がり、売り方と買い方が多数参加して未決済の契約(建玉)が膨れ上がった後、次第に決済が進んでいくこと。

<保険つなぎ(ほけんつなぎ)>

 先物取引が持つ保険機能のこと。「ヘッジング」とも言う。

<ボックス相場(ぼっくすそうば)>

 チャート分析で用いる言葉で、一定の値幅内で一定期間推移し続けること。

<ボラティリティ>

 価格変動率のこと。対象となる商品が一定期間にどれだけの価格変動をするかを示す数値。オプション・プレミアムの価格決定要因のひとつ。




return

ballサイトポリシー  ballプライバシーポリシー  ball勧誘方針  ball関連リンク集  ballお問合せ先