ロゴマーク   Logo
Font_size Large Default Small
permission
Menu-button Mail Sitemap Company Data Recruit Market Home






   WORDS 取引用語


     ※ ご覧になりたい語句の行、または語句の先頭の文字をクリックして下さい。


  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【ま】 ・ 【み】 ・ 【む】 ・ 【め】 ・ 【も】
【ま】

<枚(まい)>

 商品先物の取引数量を表す単位。一般の売買取引では一口当たりいくらと表すが、商品先物では1枚当たり50トンというように用いる。

<前検査(まえけんさ)>

 先物取引の売り契約を現物の引き渡しによって決済しようとする場合に品質や量目を事前に取引所に検査してもらうこと。

<曲がり屋に向え(まがりやにむかえ)>

 大口の投資家やプロの業者の売買が損勘定になり始めたら、反対の売買を行えという意味の格言。

<曲がる(まがる)>

 見込み違いで損を出したり、損計算となってしまうこと。よく損をする人のことを「曲がり屋」と言う。

<まだはもうなり>

 価格の方向を見て、まだ上昇する余地がある、まだ下落する余地があるという時点ではすでに天井圏、底値圏にあるということ。逆にもう天井だ、もう底だと思っているときこそまだ上昇、下落する余地があるということを「もうはまだなり」と言う。

<窓(まど)>

 チャート分析の際のローソク足のつける空白の部分。「空(くう)」、「穴(あな)」、「ギャップ」なども言う。

<まばら>

 小口の売買のこと。または、小口の売買しかない取引の状態。

<丸代金(まるだいきん)>

 商品先物取引の約定総代金(1契約当たりに本来必要な代金)のこと。

<満期日(まんきび)>

 オプション契約が満期になる日のことで、権利行使(オプションを実行すること)ができる最後の日。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【ま】 ・ 【み】 ・ 【む】 ・ 【め】 ・ 【も】
【み】

<見合い(みあい)>

 つりあいという意味。保有している売り契約と買い契約、あるいは売り契約と手持ちの現物が量的に見てバランスがとれていることを指す。

<見切り千両(みきりせんりょう)>

 取引が損勘定になったとき、未練を残さずに損を覚悟で思い切って決済してしまうことは、あとからみれば大損に至らず、結果的に価値のあることになるという意味の格言。

<見切る(みきる)>

 見限ること。損となっている売買契約を決済すること。

<見直す(みなおす)>

 低迷して価格が、何らかの要因で上げ始めたときの市場の様子を表す言葉。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【ま】 ・ 【み】 ・ 【む】 ・ 【め】 ・ 【も】
【む】

<向かい玉(むかいぎょく)>

 商品取引会社が顧客からの買い注文に対して自社の売り、売り注文に対しては自社の買いを行って、顧客の売買注文を成立させるための手段。過度の向かい玉は規制されている。(自己玉規制)

<向かう(むかう)>

 他人や物事に対して反対の立場をとること。商品取引会社の売り・買いの姿勢が顧客の立場と逆になること。または、特定の大口投資家(仕手)に敵対して逆の立場に立つこと。




  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【ま】 ・ 【み】 ・ 【む】 ・ 【め】 ・ 【も】
【め】

<銘柄(めいがら)>

 商品取引所に上場されている商品の品目のこと。

<目先(めさき)>

 ごく近い将来のこと。今後数日間、ないしは数週間程度の先行きのこと。






  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【ま】 ・ 【み】 ・ 【む】 ・ 【め】 ・ 【も】
【も】

<申さず(もうさず)>

 市場で売買が成立しないこと。「不申」とも書く。また、「出来不申(できもうさず)」とも言う。

<もちあい>

 価格が上にも下にも大きく動かず、小さな動きに終始している状態。

<戻す(もどす)>

 価格が下落を続けた後に高くなることで、特に一時的な上昇のことを示す。

<戻り売り(もどりうり)>

 価格が下落を続ける中で、一時的な上昇を待って売ること。

<もみ合い(もみあい)>

 価格が一定範囲の中で上昇と下落を繰り返し、方向が定まらないような状態。こうした状況の中で売り方と買い方が攻防を続けることを「もむ」と言う。

<模様眺め(もようながめ)>

 価格が上下どちらに動くかの判断をつけかねて、傍観する(様子を見る)こと。「様子見(ようすみ)」とも言う。




return

ballサイトポリシー  ballプライバシーポリシー  ball勧誘方針  ball関連リンク集  ballお問合せ先