ロゴマーク   Logo
Font_size Large Default Small
permission
Menu-button Mail Sitemap Company Data Recruit Market Home






   WORDS 取引用語


     ※ ご覧になりたい語句の行、または語句の先頭の文字をクリックして下さい。


  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【や】 ・ 【ゆ】 ・ 【よ】
【や】

<約定(やくじょう)>

 市場で成立した売買契約のこと。

<約定差金(やくじょうさきん)>

 商品取引所と会員・商品取引会社の間で清算を行うときに使われる用語。新規の契約(約定)について日々、取引所が発表する帳入れ値段と会員・商品取引会社が新規に売買したときの個々の約定値段を比べて計算する差損益のこと。

<約定値段(やくじょうねだん)>

 市場で売買が成立したときの値段。つまり、売ったとき、買ったときの値段のこと。

<休むも相場(やすむもそうば)>

 投資家にとって、いつも売ったり買ったりするだけでなく、ときには売買を控えて休んで機会をうかがうことも大切だという意味の格言。

<ヤリ>

 売りのこと。市場で用いられる用語。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【や】 ・ 【ゆ】 ・ 【よ】
【ゆ】

<USDA(United States Department of Agriculture)>

 米国農務省。日本の農林水産省に相当する。米国食糧行政の中枢。世界の穀物情報が集約されており、最も権威ある生産予測機関となっている。また、USDAの発表する統計はシカゴ市場をはじめ各国の市場価格に大きな影響を及ぼす。

<幽霊と相場は淋しい方に出る(ゆうれいとそうばはさびしいほうにでる)>

 価格の方向は一般の人々が思っている方向とは逆へ向かう傾向があることを、人気のないところに現れる幽霊に例えた格言。

<行き過ぎもまた相場(ゆきすぎもまたそうば)>

 価格はある程度上昇しすぎても、下落しすぎても、理論的な限界を往々にして越えることがあり、そのときこそ絶好のしかけどきだということ。

<行きつかえ(ゆきつかえ)>

 ある一定のところまで上昇した価格が、それ以上は高くならない状態。「伸び悩む(のびなやむ)」、あるいは「上げつかえ(あげつかえ)」などとも言う。

<緩む(ゆるむ)>

 上昇傾向にあった価格が下落すること。反対の意味は「締まる(しまる)」。



  
button あ行
button か行
button さ行
button た行
button な行
button は行
button ま行
button や行
button ら・わ行
return
  【や】 ・ 【ゆ】 ・ 【よ】
【よ】

<様子見(ようすみ)>

 価格が上下のどちらに動くかの判断をつけかねて、傍観する(様子を見る)こと。「模様眺め(もようながめ)」とも言う。

<陽線(ようせん)>

 チャート分析の際に、始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)で表されるローソク足で上昇を表す線のこと。逆は陰線(いんせん)と言う。

<陽転(ようてん)>

 価格の下落傾向が上昇傾向に変わること。

<横ばい(よこばい)>

 価格が一定の水準内で上下動を繰り返し、大きく上がりもせず・下がりもしない状態を続けること。

<呼び値(よびね)>

 上場商品の値決めを行う際に基準となる数量の単位。

<寄付き(よりつき)>

 市場における午前、午後の最初の取引。一般には午前、つまり1日の最初の取引を指し、午後の最初の取引は「後場寄り(ごばより)」と言う。

<寄引同事(よりひけどうじ)>

 1日の最初の取引と最終の取引で成立した値段が全く同じ場合のこと。「寄引同値(よりひけどうね)」とも言う。

<弱い(よわい)>

 価格が下落傾向にあり、上昇しそうにない状態。

<弱気(よわき)>

 価格が下落すること。または、下落しそうな雰囲気のこと。

<弱含み(よわぶくみ)>

 価格が下落しそうな気配のする状態。または、下落しそうな価格(相場)のこと。

<弱もちあい(よわもちあい)>

 価格が下落したところで動きが止まり、安値を保っていること。

<4本値(よんほんね)>

 市場における1日、1週間、1ヶ月の取引のうち、最初の値段(始値)、最も高かった値段(高値)、最も安かった値段(安値)、最終取引での値段(終値)の4つの値段のこと。ローソク足の罫線(ケイ線)を書くときの基礎データでもある。




return

ballサイトポリシー  ballプライバシーポリシー  ball勧誘方針  ball関連リンク集  ballお問合せ先